Notice: Undefined offset: 0 in /home/users/1/main.jp-lupin/web/wp/wp-content/plugins/cta/assets/lib/Sabberworm/CSS/Parser.php on line 418

富士五湖の一つ、本栖湖

標高900mにある、世界文化遺産に登録された富士山を眼前に望む、麗しき湖水、本栖湖。最大水深は138m。川の流れ込みがなく、湧き水で満たされているため、つねに清らかな水をたたえるこの湖では、日本でも数少ない高所・淡水ダイビングを堪能することができる。

 

淡水・高所ダイビングとは?

ダイビングで潜るのは、なにも海だけとは限らない。湖、川、泉など、「真水」の中を潜ることを淡水ダイビングという。いつもの海と違って、浮力調整や潜水計画にちょっとした注意が必要だが、特別難しいということはない。海とはひと味もふた味も違った水中景観に誰もが驚き、惹きつけられることだろう。

また、高所ダイビングとは、海抜300~3000mの高所で潜るダイビングのことをいう。高所では、海でのダイビングと比べて気圧が低い、酸素が薄いといった違いがあるため、それらを考慮した潜水計画が必要となってくる。また、低酸素症を防ぐため、激しい動きを避ける場合もある。

 

淡水・高所ダイビングの注意点

淡水では浮力が小さくなるためウエイトを1〜2㎏減らす必要がある。また、夏でも水温が低いことが多く、真夏でも半数のダイバーはドライスーツを着用するほどなので、防寒対策も忘れずに。さらに高所ダイビングでは、通常のダイビングと同じ水深でもダイバーにかかる圧力が異なってくる。浮上スピード、安全停止の水深、ダイブテーブルの引きかたなども異なってくるので事前にしっかり計画を。ダイブコンピュータは高所・淡水モードに切り替えておこう。PADIのアルティチュード(高所)・ダイバー・スペシャルティ・コースなども受講しておくと安心だろう。

写真:浩庵
写真:浩庵
写真:浩庵

約10あるポイントはすべてビーチエントリー。富士五湖の中でも抜群の透明度を誇る本栖湖。海とは違う、魅惑的なダイビングを体験できる絶好のポイントだ。


  • 日程: 7/29(土)
  • 料金: ¥24,000(※料金が変更になる場合がございますので、事前にお問い合わせください。)
  • ツアー料金に含まれるもの: BBQ代、記載ダイビング本数(タンク代、ウエイトレンタル代、ガイド代、ボート代)
  • 残席: あり
  • お問合せ・お申込み: http://lupinds.com/contact