フィリピンのセブ島北部の穴場ダイブサイト、マラパスクア島

セブ島北部の沖合いに浮かぶマラパスクア島は、マクタン・セブ空港から車で約4時間ほど北上したマヤ港から、リゾートのボートで約15分ほどで到着する。高い山のない平坦な島で、白砂のビーチのすそを椰子の木々が装う。漁民が暮らすこの島に、車などが走るような道路はもちろん無く、ビーチ沿いに島民が歩く砂の歩道がある程度で、のどかな雰囲気。一周20Kmほどの小さな島には、いまやヨーロピアンが経営する10件ほどのダイビングサービスやリゾートがあり、まさに島全体がビーチリゾート。ここでは、年間を通してオナガザメの仲間(ニタリ)が見られることが有名で、人気のアジアンダイブサイトの一つ。

by Blueheaven

クリーニングされに集まってくる Thresher shark

ニタリはオナガザメ科のサメで全長2~4m。人を襲った例は無く、性格はきわめておとなしい。尾ビレが長くしなやかで、魚を捕食する際にむちのように使って小魚を叩き落とすとされている。 マラパスクア島のニタリは、体についた寄生虫などをとるためにベラにクリーニングされにやってくる。世界的にもそのような生態観察ができる場所は珍しい。年間を通して見られるが、現れる時間帯が日の出直後の早朝の時間帯なので見たい方は早起きが必要だ。以前のクリーニングステーションも健在だが、新しいクリーニングステーション(通称サンドスロープと呼んでいる場所)が見つかり、そこでもニタリが観察できるようになった。そこは更に個体数が多く、向かう途中のドロップの棚下は丁度ニタリが通過する場所のようで、1時間の間に大小6個体以上のニタリがカウントできた。古いクリーニングステーションとあわせると、いったい何匹のニタリがこの周りにいるのだろうか?ニタリがうじゃうじゃいる、ほんとうに不思議な場所。

※Thresher sharks=オナガザメ類の総称

by Blueheaven
  • 日程 2016.10.22~10.26
  • 価格 ¥210,000(予価)
  • ツアー料金に含まれるもの 往復航空運賃、宿泊費用、記載ダイビング費用(タンク代、ウエイトレンタル代、ガイド代、ボート代)、燃油サーチャージ、成田空港使用料
  • 別途必要費用 現地諸税、入海料など
  • お申込み・お問合せはこちら http://lupinds.com/contact