久米島ってどんな所?

久米島は沖縄本島西方向より100kmほど離れた場所にある、沖縄諸島でも最西端の島です。自然豊かで美しい久米島は1983年に島全体が県立自然公園に指定され、今でも変わらない美しさを保ち続けています。

無人島の「はての浜」は特に注目を浴びていて、この海を求め大勢のダイバーやシュノ―ケラーが訪れます。

また、東北楽天ゴールデンイーグルスの春季キャンプ地としても知られるようになりました。

久米島で外せない「はての浜」

ハテの浜は島の東側、奥武島・オーハ島の沖合に浮かぶ真っ白な砂浜だけの小さな島。木々も生えない真っ白な砂浜ですが、実は「はての浜」は「サンゴでできた島」なんです。

白い砂は「サンゴ砂」と呼ばれるものが幾千もの時をかけて積み重ねられたもの。「サンゴ洲島(コーラル・サンド・ケイ)」と呼ばれる、日本ではとても希少で世界でも有数の場所です。そしてサンゴ砂を作り出す正体は、白化したサンゴや貝殻が壊れたもの、星砂・太陽砂、ウニの殻までもが流れ着きます。更にサボテングサなどの石灰を分泌する藻類のかけらなどが幾つもの奇跡を生み出し、砂となって生まれ変わります。

出典: okinawaclip.com

どの季節にどんな角度から見ても、美しく澄んだ海を見ることができるのが「はての浜」の魅力です。東洋一美しいと言われる場所へ立つ喜びはひとしおですよ!

出典: okinawaclip.com

久米島のダイビング

ポイントは「はての浜」を挟んで、北側・南側と呼ばれています。南側は比較的浅場で珊瑚礁が美しい穏やかなポイント、北側は一転してドロップオフや激しい起伏の地形が続くダイナミックなポイントが多いです。島の南側の「トンバラ岩」周辺は潮流の影響を受ける豪快なポイントで回遊魚の遭遇率もナンバー1のポイントです。

久米島の海は地形・魚の種類といい、沖縄のあらゆるロケーションが揃っているため、体験ダイビングはもとより初心者からベテランダイバーまで幅広く楽めます。

出典:イーズダイビング久米島

今回ツアーを開催する3月は、ザトウクジラ・ハンマーヘッドシャークなどが見られる最後の時期で、同時に回遊魚が出始める時期でもあるので、さまざまな期待を胸に臨むツアーになりそうです。

map

  • 日程: 2017/3/17(金)~20(月・祝) 3泊4日
  • 料金: ¥195,000(6ダイブ付)
  • ツアー料金に含まれるもの: 往復航空運賃、食事代、宿泊費用、記載ダイビング本数(タンク代、ウエイトレンタル代、ガイド代、ボート代)
  • お問合せ・お申込み: info@lupinds.com