全く泳げませんが、ダイビングできますか?

泳げないとダイビングはできないのでしょうか。

いいえ、全く泳げなくてもダイビングすることができます。
水中に潜るとは言え、タンクの空気を吸えるし、BCDというベストを着用することで、浮力調節(自在に浮いたり沈んだりする)ことが可能です。

ただ、多少なりとも、泳げないことのデメリット、泳げることのメリットがあります。

泳げないことのデメリット

  • 水に顔をつけるのが怖い!
    →ダイビングするまでにかなり時間がかかると思います。
    まずは、お風呂などで水に顔をつける練習をしましょう。
  • 泳がないので水着を持っていない。
    →買いましょう。

泳げることのメリット

  • 泳ぐ時に力が抜けているので、疲れにくく、空気の消費が少ない。
  • 水の中にいることに抵抗がかったり、水中で目を開けることが怖くないと、リラックスできる。
  • 水中での体の使い方がわかるので、水中を自由に移動でき、生物を観察したり、イルカと泳いだり、より楽しめる。

いかがでしょうか。
ダイビングをする上で、泳げることのメリットは、なかなか魅力的。

早く泳ぐこと、美しく泳ぐことが目的ではないので、ストイックに水泳をする必要はありません。
ただ、普段の生活に水泳を取り入れて、運動不測解消&ダイビング上達を目的にしたら、より日常が豊かになるのではないでしょうか。

Follow me!

一度はダイビングをしてみたい。海の中をのぞいてみたい。でも、自分にできるかちょっぴり不安。そんな人のためのプログラムが、「体験ダイビング」です。
  • 体験ダイビングは、通常のファンダイブと同料金で行っておりますので、ポイントによって料金が異なってきます。
  • 講習中は、軽器材・重器材・ウェットスーツ、すべて無料レンタルいたします。

「体験ダイビング」は「オープン・ウォーター・ダイバー・コース」の実績になります!

この「体験ダイビング」での経験を「オープン・ウォーター・ダイバー講習」の海洋実習の一部とすることができます。つまり、「オープン・ウォーター・ダイバー講習」を一からやり直さなくてもいいのです。 「ダイバーになりたい!」と思っていても、まとまった時間がない方は、この「体験ダイビング」から始めることもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください