ウェットスーツ?ドライスーツ?伊豆ダイビングのスーツ選び

四季のある伊豆の海を潜る時に、悩むのがスーツ選び。

「ウェットスーツで寒くないかな?」
「ドライスーツじゃ暑いかな?」

正解は・・・人それぞれ(笑)

性別も年齢も、体格も好みも違うのですから、正解があるはずないですよね。

人それぞれなのはわかった。じゃあ目安は?

人それぞれ以外にも、その日の気温や天気に左右されるところがあるので、一概には言えませんが、だいたいの目安として水温20℃を境界線としていいかと思います。

水温20℃の時期というと、だいたい7月下旬~11月上旬くらいになります。

学校の制服などの衣替えが、6月1日と10月1日というところも多いと思いますので、陸上より1ヵ月半遅れで、ダイビングの衣替え!という認識でも良さそうですね。

大事なのは「快適なこと」

特に男性などに多いですが、「そのスーツで寒くないですか?」と聞かれて、「大丈夫、大丈夫」と答えます。
その時の「大丈夫」は、「我慢できる」という意味。

しかし、ダイビングをする上での大きなストレスが「寒さ」です。
寒さを我慢すると、体がこわばり、冷静な判断ができない場合もあります。

スーツを選ぶ際の基準は、「我慢できる大丈夫」ではなく、「快適な大丈夫」にしてください。

ルパンDSでは、オーダーメイドのウェットスーツやドライスーツを販売しています。
インストラクターオススメ、かつお客様に人気なのが、5mmツーピースウェットスーツ。
ワンピースのウェットスーツよりも、お腹が二重になっているので温かい。
よくガイドが着ているいわゆる「ロクハン」よりも薄手で、前チャックなので着脱しやすい。

ご興味ある方は、お問合せフォームからご連絡ください。
ただし、基本的にツアーに参加してくださるお客様への販売になりますので、スーツのみのご注文はお受けしていません。ご了承ください。

 

 

Follow me!

WEBレター登録

ルパンDSが毎週WEBレターで、海を楽しむ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください